浪費の記憶

街行きやドールの写真など徒然

七夕の通り

毎年の恒例で杉並区阿佐ヶ谷の七夕祭りで写真を撮りました。
一年経っても被写体がドールから増えてないことが今回の撮影の反省点ですね。

そう言えば7月10日に行われたリアニ9でレポート用の写真を撮りました。
アニイベZさんで公開されているので是非とも。
anievez.com

自分が凄いということを他人に伝えること

「人生に、文学を。」プロジェクトのコピーが炎上したのだとか。
www.jinsei-bungaku.jp


結局文学が凄いと言いたいが為にアニメを下げたら、アニメを馬鹿にするなと怒られたという話なんだけれども、表現の巧い下手は作品によって違うものなので、手段で括ってしまうのは確かに拙いと言うか、文学凄いと言っている割りに文章表現が大雑把だなという印象を抱かざる得ないです。

しかし実際のところ文学振興会に本気でアニメを腐する意図があったかというと、そんなことは概ね無かっただろうと類推できて、ただ単純に今現在はアニメが持ち上げられがちだからその時流に乗って、それより上等な文学ってスゴいんだぜ的な表現をしてしまったということなんでしょうね。

別に表現手法としてはそれもあっても良いと思うんですよ。他人を下げて、自分を大きく見せるって、それが上手な方法かどうかとか、品が有る無いとかの議論はあるでしょうけれど、瞬間的にわかりやすそうな方法だと思うんですね。

今回は下げられた側から(意見を出したのが実際にそうかどうかはわかりませんが)の反論を受けて、その表現は良くなかったなという結論になったようですが、本当に不味いのは、文学は「人生を想像する」とか普遍的な価値の追求みたいなことを謳ってるくせして、それを表す為に安易に時事ネタを使って良しとする近視眼的な視野の狭さなんじゃないかと思うんですけどね。

籠の中のにて

もういい加減フォトショップがCS2なのも嫌になってきたので、CCにしようと思っていたら、ライトルームもセットがいいよって話になったのでライトルームを入れてみた。
ViewNXよりいいのかどうかはわからないが、とにかく細かくもできるし、自動でもできるのは良い。
年12,000円か。

腰掛けた少女


髪飾りを作ったと言うので撮影。
もう少し色温度上げても良かったなとか。
久しぶりに自宅でライティングしたので勝手を忘れてしまった。
継続的にライティングをしておかないと、
知識が体につかないなとか。